建築士の皆さんへ

各種講習会案内(一般)

  • 既存住宅状況調査技術者講習会
  • 各種講習会案内(一般)
  • 建築士の皆さんへ
  • HOME

各種講習会案内(一般)

既存住宅状況調査技術者講習会

宅建業法の改正により、本年4月から既存住宅の安心な取引環境を整備し中古市場の活性化を図るため、中古住宅等の取引の際、重要事項説明に建物状況調査の説明が加えられ、既存住宅売買瑕疵保険の活用等と合わせて、売主・買主が安心して取引できる市場環境を整備し、既存住宅流通市場の活性化が推進されることになりました。
これにより、既存住宅の状況調査技術者講習制度が創設され、国の登録を受けた講習機関が実施する講習を修了した建築士が既存住宅状況調査を行うことになりました。また、中古住宅の取引に支障を来たさないように、全国的に「既存住宅状況調査技術者」の早急な養成が必要となりました。
長野県建築士会では「既存住宅状況調査技術者」を新規に取得される方を対象とした新規講習を開催するとともに、(公社)日本建築士会連合会等のインスペクター資格所有者に対する移行講習を、本年度に限って開催しますので、多くの皆さんに受講していただきますようにご案内いたします。
講習会の詳細は、「講習会案内チラシ」をご覧ください。

本講習会で認定する「既存住宅状況調査者」は、(公社)日本建築士会連合会のホームページで氏名、勤務先などの情報を公開することが必須条件となりますので、承諾の上申し込みをお願いします。

日時

5月29日(火)伊那市
6月4日(月)長野市
6月19日(火)佐久市
7月11日(水)松本市

受講料

21800円 (WEB申請 21060円)

申込先、申込方法

所定の申請書により、「一社)長野県建築士会事務局又は各地の建築士会事務所え受講料を添えて申し込んで期ださい。なお、WSBによる申し込みも可能です。、

問い合わせ先

一般社団法人長野県建築士会

一覧に戻る